> 入居者サービス > シルバーニュース
高齢者社会に関するお知らせや報道資料など多様なシルバーニュースをお知らせいたします。
Title

肌の老化予防(アンチエイジング)

Date

2011/05/24

Read

2809

年をとると皮膚の新陳代謝が落ち、しみやしわ、皮膚の衰えなどの症状が現れます。
老化が進行する速度はホルモンバランスによる内的要因と紫外線などによる外的要因によって左右されます。 

1. 毛穴が広がる:皮膚がたるみ、皮膚表面が下がり毛穴が広がる。

2. シミができる:シミは紫外線によって合成されたメラニン色素が皮膚に残ることで生じ、新陳代謝能力が落ちるとこの色素が排出されずにたくさん現れる。

3. シワができる:コラーゲンのような繊維組織の結合が崩れてシワが生じる。

4. 肌がたるむ:皮膚の中の繊維組織が変成され、表皮を支え維持する力を失うことで肌が弾力を失いたるむ。 

 
では、しっとりとして弾力のある肌に整えるには?

旬の果物をたくさん食べましょう!!


紫外線が肌に触れるとその防御作用でメラノサイト(色素形成細胞)がメラニン色素を作ります。
このメラニン色素の精製を抑制するのがビタミンCです。ビタミンCは一度作られた色素を薄くする作用をし、
ビタミンCが豊富な果物をたくさん摂取するとシミから肌を守ることができます。

* ビタミンCの作用
- 美白効果
- コラーゲン増加
- 肌のきめを整える

* ビタミンCが多い食品
- 色が濃い野菜
- イチゴ、キウィ、柑橘類

* ビタミンCパック
- 果物を直接肌にのせるパック:肌に吸収されずたいした効果は期待できない
- 特にレモンを皮膚に直接のせることはむしろ逆効果(シミ増加)となる。

* ビタミンCの摂取
- 健康補助食品で摂取すれば外出時にも簡単に補うことができるので便利
- 過多摂取をすると下痢をすることもあるので注意


出処: 老後ドットコム (http://www.nohoo.com/)

File upload No
Daeumgeul

No daeumgeul.

Previous

高齢者の運動